voice

即戦力となる人材をタイムリーに採用!ネットショップの運営・管理を派遣スタッフに

株式会社桃の館
代表取締役社長 髙井栄治 様

現在、どのような部門で派遣スタッフを活用されていますか?

当社が楽天に出しているショップの運営業務をお願いしています。Webのデザイン、季節ごとのリニューアル、商品の入れ替えといったことから、販売促進のための企画、お客様からのクレーム処理まで、楽天のショップにまつわることはほとんど任せています。近々、楽天に出店しているショップを終了し、そこで得たノウハウをもとに、自社サイトのショッピングページを再構築していく予定なのですが、派遣スタッフの方には引き続き自社サイトのショッピングページの運営もお願いするつもりです。「桃の館」の通販事業で、組織でいうと戦略企画部に属する重要なポジションですが、スタッフの方も意欲的に取り組んでいただいているので、期待しています。

派遣というスタイルを選ばれた理由は?

第一に、派遣の場合は一定期間の契約で採用できるため、事業体の情勢に合わせて人員の調整がしやすいということがありました。それともう一つは、やはりスキルですね。ネットショップの運営経験がある方で、イラストレーターやフォトショップを使える人が希望だったのですが、そういう経験やスキルを持った人を自社でパート採用するのは非常に難しいと思います。その人のスキルを見極めるのも大変ですし、その前に人が集まらないという問題もあります。その点、派遣の場合は希望条件に合った人、スキルのある人を提案してもらえるので、即戦力となる人材を早く採用できるというメリットがあると思います。

派遣というスタイルを選ばれた理由は?

実際に採用されてみていかがでしたか?

工場以外の部署で派遣を採用するのは初めてだったので、最初はずっと付いて指示を出さないといけないのかなと思っていましたが、とても仕事の早い人で、一から十まで説明しなくても仕事してもらえることが分かり、数ヶ月後には、ほぼ現場を任せていました。今ではクレーム処理まで対応してもらっており、とても助かっています。

コスト面に関しては、いかがでしょう?

うちの場合は、社員を一人雇うのとそう変わらない印象です。コスト的なメリットよりも、即戦力になるという点のメリットの方が大きいと思います。正社員を採用した場合、一から育てる必要があり、社員教育に時間がかかってしまいます。派遣の場合は、即戦力となる人材をタイムリーに活用できるのが大きなメリットですね。

エンプロのスタッフはキャリアママが中心ですが、その点に関してはどうですか?

いわゆる主婦であるということは、いろんなところで物を購入しているお客様でもあるわけです。特に我々のような業種の場合、主婦としてお客様目線が分かっているという点もプラスαのメリットになっていると思います。楽天ショップにしても、主婦感覚を生かしたお客様目線でいろいろと考えてくれるので、そこに関しては口を出したことはありません(笑)。業務に主婦感覚を生かしてもらえる点も、うちにとってはよかったと思います。

最後に、キャリアママのパートタイム型派遣に関するお考えをお聞かせください。

そうですね。とてもいいことだと思います。だらだらと仕事をされるよりも、スキルのある人が短時間で仕事を終えてくれれば、コストもそれほどかからず、会社としても助かります。主婦でお子さんがまだ小さくて短時間しか働けないという方は、逆に時間管理に対する意識が高く、決められた時間内にきっちりとやってもらえるので仕事も早いんです。スキルのある人を眠らせておいては、もったいないと思います。社会的に女性の活躍もクローズアップされてきているので、今後もますます活躍の場は広がってくると思います。

最後に、キャリアママのパートタイム型派遣に関するお考えをお聞かせください。

企業データ

株式会社桃の館
企業名

株式会社桃の館
URL
http://www.momonoyakata.co.jp/
資本金
6,000万円
年商
14億円(2014年8月実績)
従業員数
150名
事業内容
洋生菓子・和菓子・ゴーフレット・ゼリーなどの企画、開発、製造など。創作桃菓の店「桃花亭」直営店7店舗の運営

お客様声一覧 Customer's Voice

Contactまずはお気軽にお問い合わせください!

サービス活用をお考えの企業様は、以下フォームよりお問い合わせください。
お問い合わせはお電話でも承っております。

お電話は … エンプロへのお電話は…052-203-4510
[ 電話の受付時間 9:00~18:00 ]

資料請求も承っております!お気軽にお問い合わせください。

Serviceエンプロのサービス

企業様向けサービスの特徴はこちら

人材サービスのお問い合わせ・お申込みはこちら