お客様の声


  1. Home » 
  2. お客様の声 » 
  3. 勤務時間や期間の柔軟性を活かし経理をはじめさまざまな業務で活用

勤務時間や期間の柔軟性を活かし経理をはじめさまざまな業務で活用

株式会社ジオコス 取締役 平田節子氏

最初に採用したのは経理のスタッフだったそうですね

ええ。7~8年くらい前に、経理を担当していた社員が急に辞めてしまいました。その時に税理士の方と相談して経理の仕事をすごくシンプルな形にしてもらったこともあり、私が本来の仕事の隙間でこなしていたんです。ところが会社がだんだん大きくなってくるにつれ、その仕事が大変になってきて……。月に1回、税理士の方が来てくださる日の前日は終電覚悟で、泣きながらやっていたんですよ(笑)。人をひとり雇うほどではないものの、このままでは私が体を壊してしまうかも…というような状況でずるずるしていた時にパート型派遣の話を聞きました。これは大変ありがたいシステムだと思い、即お願いしたんです。条件は、経理の知識がある方ということだけ。基本的には税理士の方が来る前日までに作業ができていればいいので、週2日くらいで勤務時間などは、その方が働きやすいスタイルでいいと。そしたらすぐに候補の方を案内していただけ、1週間くらいで決まりました。

実際にパートタイム型の派遣を導入されてみてどうですか?

すごくありがたいです。最初の2カ月ぐらいは、うちの経理のシステムややり方を覚えてもらうのに、スタッフの方も少し大変だったと思います。けれども、3カ月目くらいからは業務の流れもひと通り覚えてもらえ、私はチェックだけですむようになりました。経験者だったので、経理の細かいことは私よりもよくご存知で、引継ぎもうまくいきました。

その後、経理以外の業務でも派遣スタッフを活用されていますね

経理のほか、去年は1年の単発プロジェクトのアシスタントということで1名入ってもらいました。それが3月に終わった後には、全く別の仕事でウエブのサイト登録の仕事もお願いしました。その他に、期間が限定されている電話での営業の仕事、在宅でのテープ起こしや文字起こしの仕事などもお願いしています。

長期的に先が見える仕事が増えた場合は正社員を採用すればいいのですが、短期のプロジェクトで、それにまつわる仕事量がはっきり見えないような時には、フレキシブルに対応してもらえるパート型の派遣がすごくお願いしやすいんです。人手や仕事のことで困ったら、まずエンプロさんに相談するようになりましたね(笑)。

パートタイム型の派遣は、どういう業務に向いているとお考えですか?

今ほど少し触れましたが、初めてのプロジェクトなどで仕事量が読めず、それをこなすのに人を採用すべきかどうか分からないような仕事が発生した時。あとは、専門的な知識が必要とされる業務。それと忙しい時期が限られる季節労働的な仕事ですね。社員の誰かが無理をすればできるかもしれないけれど、無理をさせるかどうか?と迷うような時ですよ(笑)。そういう時は、割り切って人に頼んでしまったほうが、社内の雰囲気も良くなりますし、社員の士気も高まると思います。パートタイム型の派遣ならコスト的にも抑えられますし、募集の手間や労力をかけず、ニーズにあった人材を提案してもらえます。それも大きなメリットだと思います。

今後、エンプロに望まれることがあれば?

うちみたいに「誰かを雇うほどじゃないけど……」と、経理や事務の仕事で困っている会社はいっぱいあると思います。そんなところに、もっともっとパート型派遣のスタイルを広めて欲しいですね(笑)。経験したから分かるのですが、忙しいなかで経理や事務処理をやっていると不安になってくるんです。大事なことをこんなに急いでやっていていいのかと。それを人にお願いすれば、自分がやれなかったこともやれるようになるし、見えなかったことにも目が届くようになります。それで空いた時間を有効な仕事に使うことができるというのは、とても重要なことだと思うんです。パート型派遣という採用スタイルがあるのを分かっていれば、大変そうだから断ってしまおうと思っていた仕事も前向きに考えられるようになり、新規の仕事も受けやすい状況が生まれてきます。東海地区の中小企業の発展のためにも、ぜひ頑張って欲しいですね。

導入企業データ

株式会社ジオコス

http://www.jyocos.co.jp/

ジオコス_ロゴ.JPGのサムネール画像



 

資本金:1000万

従業員数:12名

事業概要

採用広報物の企画制作、企業広報物の企画制作、媒体編集、

ほかコンサルティング会社やNPO法人等との協業

取材 : 2011年5月

 


PAGE TOP


CMSとは